35歳にして、たった1人の女性との出会いで人生観が変わるお話

今日は1人の女性について書いて見ようと思います。

その名は #ヤマグチカホ

私はこの女性に会って人生感を変えられたと言っても過言ではありません。

アジアンビューティーの象徴とも言えるキリッとした瞳に、艶やかな漆黒の髪の毛。

初対面ではツンとしている印象を受けたのですが、お話しをすると全く高飛車な感じは無く、むしろ暖かみを感じる程。

とっても無邪気な女性でその行動に周りの人は自然と笑顔になる。

妻子持ちの私はこの年で、そんな女性に出会ってしまうとは思いもよりませんでした。

 

 

では、紹介したいと思います。

#ヤマグチカホ このヒトです↓

 

 

 

 

 

 

ファイル 2017-02-17 20 27 44
カホちゃーーーーん!!!

 

 

ファイル 2017-02-17 14 28 05
フツー 清水社長からのおごりで、まさかのホールケーキをオーダーしたのはあまりにも有名なお話です(笑)メッセージは『パパはサンタクロース』ハンパない! その時の清水社長ブログはコチラ

 

ファイル 2017-02-17 20 28 05
まさかの誕生日ケーキのロウソクの火を消す前に悪い大人に消されるカホちゃん。なんて悲し愛らしいんだろう♡

 

でもさ、よくよく画像を見ると、、、

隣にも天才おるやんかっ!!!

ファイル 2017-02-17 20 27 32
うおっ!!!

 

 

 

からのーーーー

 

ファイル 2017-02-17 20 27 21
うおぉぉぉぉーーー!!!

 

天才やんかっ!ホノちゃんも天才やんかっ!

 

ファイル 2017-02-17 20 26 58
ぐっさんに似過ぎやんっ!カホちゃんも、ホノちゃんも、ぐっさんのDNA引継ぎすぎやんっ!ステキな家族やんっ!

 

そんなぐっさんは、、、

 

ファイル 2017-02-18 0 10 39

コレやもんね(笑)山口家サイコーやねぇ(笑)

 

はぁーーー!かわいおもろ過ぎて死ぬ!
カホちゃん、ホノちゃん、またうちのアレと遊んでねぇ(笑)

ファイル 2017-02-17 20 39 01

 

バーイ!センキュー!

The following two tabs change content below.
渡邊智仁

渡邊智仁

代表取締役常務瓦寅工業㈱
私は昭和56年生まれの酉年で大阪生野の創業100年老舗瓦屋に生まれ育ちました。ずっと大阪にいる生粋の大阪人です。
関西大学卒業後は、瓦ではなくSIに興味を持ち㈱大塚商会のシステム販売営業マンとして7年間頑張りました。が、そろそろ親孝行をしようと思い始め、30歳を契機に瓦業界に飛び込みました。血筋のせいかすぐに瓦業界にも馴染み、営業と現場管理を経験し、今は経営に携わっています。
100年間、まじめにコツコツと建築に携わってきた【経験・知識・実績】】で皆様方の大事な家を守っていきたいと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket