超デジタルな今の時代に『写るんです』が売れている現象を考えてみた

ここしばらくフィルム付カメラの「写ルンです」が、20代若者の間でまさかの売れていると聞きました。デジカメの普及によりフィルムカメラなんて過去の産物であったはず。それがなぜ?

写るんです

技術の進化が進んで行くと便利だけど、人の心は引き返したくなる

どうもデジタル化が進んでデジカメが市場を独占したまではユーザーも満足いくものだったみたいです。そしてスマホが普及してスマホカメラの精度がデジカメ同等になったまでも満足いってた。
次は画像編集アプリの出現。コレです。撮った写真は無料アプリで簡単かつセミプロ並に編集加工できるようになった。初めはド素人が撮った写真がフィルタを通すことでキレイな写真に早変わりすることに感動してたわけ。でも、ふと気付くんですよね。嘘っぱちの風景や人物を創り出していることに。目の前にある風景をその場の雰囲気そのままにフィルムに切り取れるかがカメラだった時代。今はどうだろうか。プリクラなんて、詐欺のレベルですもんね。誰か全くわからない。

そんな違和感を若者は感じ取り始めたんでしょうね。

本物の風景・人物をその瞬間で切り取りたい。そんな思い。
めっちゃめんどくさいと思っちゃうけど、その手間がまた楽しいんだろうね。現像してみないとちゃんと撮れてるかわからないドキドキ感とか。失敗してても友達と笑い合えたりする。撮れる枚数が決まってるから1枚1枚気持ちを込めて大切に撮る。

デジタルが当たり前の今の時代。なんでもデジタル。なんでもIT。
人の心はどこかでアナログを求めているのかもしれません。人間臭い感じ。

私はスケジュールやTo Doを全てスマホアプリに変えて手帳を持っていませんでしたが、来年はアナログにしようって思い、たっかい手帳買いました(笑)

メールであけおめーーー!って送るよりも年賀状に筆ペンであけましておめでとう!って書く方がいいですよね。手間ヒマ掛けて。
年賀状のデザインそろそろ考えよう。

私は筆まめですが・・・

以上

The following two tabs change content below.
渡邊智仁

渡邊智仁

代表取締役社長瓦寅工業㈱ 修繕の寅さん
私は昭和56年生まれの酉年で大阪生野の創業100年老舗瓦屋に生まれ育ちました。ずっと大阪にいる生粋の大阪人です。
関西大学卒業後は、瓦ではなくSIに興味を持ち㈱大塚商会のシステム販売営業マンとして7年間頑張りました。が、そろそろ親孝行をしようと思い始め、30歳を契機に瓦業界に飛び込みました。血筋のせいかすぐに瓦業界にも馴染み、営業と現場管理を経験し、今は経営に携わっています。
100年間、まじめにコツコツと建築に携わってきた【経験・知識・実績】】で皆様方の大事な家を守っていきたいと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket