屋根屋さんはゲリラ豪雨が天敵なんです

一昨日は東日本でかなり激しいゲリラ豪雨があったようですね(>_<)昨日は関西でもゲリラ豪雨が発生しました。毎日毎日ニュース番組では「今日もゲリラ豪雨に注意しましょう!」って言ってます。

屋根屋はゲリラ豪雨が天敵

ゲリラ豪雨ってめっちゃ凄い雨量が怖いですけど、いきなり降るってのが屋根屋からすると一番怖いんです。特に屋根リフォームの現場だったら、雨水から家を守る瓦をめくって、家が裸の状態になるんです。

そこにゲリラが来ると…
想像するだけでも恐ろしい…

屋根だけのリフォームならお施主様が住みながら工事することがほとんどの場合です。もし雨漏れすると室内の電化製品や衣類など損害は計り知れません。

豪雨レーダーをフル活用

天気予報では予測しきれないゲリラを豪雨レーダーで予測します。

日本気象協会のアプリ「tenki.jp」豪雨レーダーなら10分毎の実況と予報を見ることができます。屋根の上から空を見ると、「あれ?あの雲なんか怪しい…」ってなります。で、豪雨レーダーを見ると、今どこら辺に雲があって豪雨を降らしているかがわかります。雲がどのように移動してくるかも予測可能です。

tenki.jp

あと30分でこっちに来そうってなると、大急ぎで屋根の雨養生(ブルーシート被せたり、電気工具を片づけたり)をするわけです。

この判断を見誤ると大事故になっちゃうわけですね。

怪しい雲はどんな雲?

雲1

雲3雲2

 

 

 

 

 

 

実は・・・

 

 

 

 

 

①②③全部やばい雲です。

通常の雨を降らす雲はもっと薄く全体的に広がっている感じ。

ゲリラ雲の特徴はモコモコと厚みがあること。
これらの写真の違いは近いか遠いからしいです。雲が黒く見えるとすぐ近くまで来ていると判断して急ピッチで対処をする必要があります。

 

以上、どの職種よりも雨に敏感な屋根屋の寅さんでした。

 

The following two tabs change content below.
渡邊智仁

渡邊智仁

代表取締役社長瓦寅工業㈱ 修繕の寅さん
私は昭和56年生まれの酉年で大阪生野の創業100年老舗瓦屋に生まれ育ちました。ずっと大阪にいる生粋の大阪人です。
関西大学卒業後は、瓦ではなくSIに興味を持ち㈱大塚商会のシステム販売営業マンとして7年間頑張りました。が、そろそろ親孝行をしようと思い始め、30歳を契機に瓦業界に飛び込みました。血筋のせいかすぐに瓦業界にも馴染み、営業と現場管理を経験し、今は経営に携わっています。
100年間、まじめにコツコツと建築に携わってきた【経験・知識・実績】】で皆様方の大事な家を守っていきたいと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket