「夏涼しく、冬暖かい」のポイントは熱移動の3原則

こんにちは。修繕の寅さんの渡邊です。

最近は夏はめっちゃ暑いし、冬はめっちゃ寒いですね。当たり前だろ!って思われがちですけど、ちょっと異常じゃないですか?最近の気候は…

夏は涼しく、冬は暖かいところで暮らしたいと思うのは当たり前ですよね。

そんな暮らしを手に入れるには、熱移動の3原則を知る必要があったのです。

熱移動の3原則とは

1.対流

対流とは流体の流れによって熱が伝えられる現象を指す。身近なところではストーブが対流熱を利用しています。

2.伝導

伝導とは物体内の高温部から低温部へ向い隣接部分を通じて順に熱が移動する現象を指す。アイロンは伝導熱を利用しています。

3.輻射

輻射とは物質内部の電子がエネルギーを受け取り、空気中に熱線(電磁波)を発生させる現象を指す。電子レンジは輻射熱を利用しています。

熱移動の3原則

我々が体感する熱の比率は

対流:伝導:輻射=5%:20%:75%
熱移動の比率

なんと輻射が75%を占めており、対流・伝導については足しても25%でしかないようです。現代の住宅は断熱性ばかりうたっていますが、断熱材は対流熱、伝導熱が室内に伝わるのを遅くする材料であり、輻射熱に対してはなんの効力も持ちません。
輻射熱への対応は現在ほとんどなされていないのが現実です。

熱に強い住宅を作るには輻射熱に強い造りにする必要があることを御理解いただけたでしょうか?

遮熱という考え方

輻射熱を跳ね返すことを遮熱と言います。

今、断熱から遮熱へと熱の考え方が変わってきています。
「夏涼しく、冬暖かい快適な暮らしを手に入れる。」

屋根の葺き替え時であれば、遮熱材の敷き込みを行うことで、暑さ・寒さ対策をすることができます。

その遮熱材は輻射を99.9%跳ね返す「リフレクティックス」というモノです。

リフレクティックス

リフレクティックス遮熱工法の価格

屋根の葺き替えの際には

The following two tabs change content below.
渡邊智仁

渡邊智仁

代表取締役社長瓦寅工業㈱ 修繕の寅さん
私は昭和56年生まれの酉年で大阪生野の創業100年老舗瓦屋に生まれ育ちました。ずっと大阪にいる生粋の大阪人です。
関西大学卒業後は、瓦ではなくSIに興味を持ち㈱大塚商会のシステム販売営業マンとして7年間頑張りました。が、そろそろ親孝行をしようと思い始め、30歳を契機に瓦業界に飛び込みました。血筋のせいかすぐに瓦業界にも馴染み、営業と現場管理を経験し、今は経営に携わっています。
100年間、まじめにコツコツと建築に携わってきた【経験・知識・実績】】で皆様方の大事な家を守っていきたいと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket