【屋根工事】屋根に断熱材を施工しました

こんにちは!修繕の寅さんの南 力也です。
屋根の葺き替え工事の際に断熱材を入れて施工しましたので、今回は断熱材を入れている様子を見て頂きたいと思います。

そもそも断熱材とは?

断熱材とは熱伝導、熱対流、熱放射といった熱移動、熱伝達を減少してくれる材になります。建築では、お馴染みの断熱材ですが、主に繊維系断熱材と発砲系断熱材に大きく2つの種類が分かれます。

今回の屋根工事での断熱材は「スタイロフォーム」」という発砲系断熱材を使用しました。また「押出しポリスチレン」とも言います。スタイロフォームの特徴としては、熱を伝えにくく、加工が容易で屋根や外壁に用いられる事も多く、効果が長持ちの断熱材になります。

屋根に断熱材を施工しました

まず既存の屋根瓦を撤去し、既存垂木に縦桟を流し、その間にスタイロフォーム(断熱材)を加工し、隙間なく入れていきます。

・既存屋根瓦 撤去後 縦桟取付

・断熱材の取付施工

スタイロフォーム(断熱材)の防音効果

スタイロフォーム(断熱材)に防音効果はありません。スタイロフォーム(断熱材)を入れることによって、防音効果を期待しておくのはやめましょう!

お問い合わせ

今回のように屋根に断熱材を入れる事で、暑さや寒さが軽減されますので、屋根工事をする際は考えてみてはいかがでしょうか。他にも遮熱シートなどを使用した施工もあり、お家に最適な方法を提案していきます。

屋根工事をお考えの方はぜひ一度ご相談下さい!!

こちらからもどうぞ⇩
スマホの方はコチラからLINEで相談可能です↓
友だち追加

メールでお問い合わせはコチラからどうぞ↓
https://www.shuzen-torasan.jp/blog/contact/

The following two tabs change content below.
南力也
初めまして!修繕の寅さんの担当している南 力也です!
私が修繕の寅さんを担当している最大の理由は、お客様と直接お会いし、お話しできて、尚且つ、工事完了後には笑顔で「ありがとう」と言われることで仕事のやりがいに繋がっているからです。
修繕の寅さんの「南 力也に任せて本当に良かった!」と思って頂くためにも、これからもお客様と寄り添い、一緒に作り上げていきたいと思います。何事にも全力で取り組んでいきますので、宜しくお願い致します。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket