【屋根工事】カラーベスト屋根からガルテクトの重ね葺き工事|大阪市福島区

こんにちは修繕の寅さんの南 力也です。
本日はガルテクト(板金)の重ね葺き工事事例のご紹介です。近年重ね葺きをされるお家が増えていますので、気になっている方も多いのではと思います。重ね葺きに使用される主な板金屋根材はガルテクト(アイジー工業)、カレッセ(太平産業)、横段(ニチハ)などがありますが、今回はガルテクトの工事事例を紹介していきたいと思います。

ガルテクトについて

ガルテクトは屋根材と断熱材をひとつにした金属屋根材になります。表面材には錆に強く、耐食性に優れたガルバ鋼板を使用し、遮熱性塗装を施す事で、日射による鋼板温度の上昇を抑制しています。次に鋼板裏には、最大厚さ16㎜の断熱材を一体化しており、遮熱、断熱のWパワーで夏、冬でも快適な住環境を作り出しています。そして最大の特徴といっても過言ではない、なんといっても超軽量です。瓦屋根の1/10の重量になり、建物にかかる負荷も少ないため、地震に強いです。その他にも遮音性や防火性も兼ね揃えている屋根材になります。

工事事例

・軒先水切、ルーフィング

軒先水切は防水紙の下に取り付けるのが鉄則になります。逆だと雨水が回り大変な事になり兼ねないです。ガルテクトは軒先水切の天端に粘着テープを貼るのがマニュアルですので、抜けがないように写真などで、確認しております。

・本体工事

留め付けピッチも均等に施工していきます。ケラバ部分の施工ではガルテクト本体を切り欠き、シーラーの取付などマニュアル通り施工しております。

・棟際施工

棟際は現場によって、高さの調整を行うために下地受桟を2段にし、ガルテクト本体は棟際で立ち上げることにより、雨水の侵入を防いでおります。

・施工完了

重ね部分のシーリングは必須ですね。仕上がりも綺麗になりました。

施工checkポイント

ガルテクトの施工マニュアルで棟際本体立ち上げは必須ですが、立ち上げをしておかないと、雨水が室内に侵入する可能性がありますので、要チェックですね!

工事費用

・地域:大阪市福島区 M様邸

・屋根面積:53㎡ 切妻(3階建て)

・仕様:カラーベストからガルテクト(フッ素)重ね葺き

・費用:約50万円 ※仮設足場費用等は含んでおりません。

まとめ・お問い合わせ

今回のように3階建てのお家でも調査させて頂き、施工可能です!重ね葺きをお考えの方はぜひご相談下さい!!

こちらからもお問い合わせ可能です↓↓
スマホの方はコチラからLINEで相談可能です↓
友だち追加

メールでお問い合わせはコチラからどうぞ↓
https://www.shuzen-torasan.jp/blog/contact/

The following two tabs change content below.
南力也
初めまして!修繕の寅さんの担当している南 力也です!
私が修繕の寅さんを担当している最大の理由は、お客様と直接お会いし、お話しできて、尚且つ、工事完了後には笑顔で「ありがとう」と言われることで仕事のやりがいに繋がっているからです。
修繕の寅さんの「南 力也に任せて本当に良かった!」と思って頂くためにも、これからもお客様と寄り添い、一緒に作り上げていきたいと思います。何事にも全力で取り組んでいきますので、宜しくお願い致します。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket