建設業の働き方は正しいのか?正しくないのならどうすべきなのか?難しい問題だなぁとしみじみ

今日はプレミアムフライデーらしいです。

先月からスタートしたらしくて今日で2回目。っていっても、弊社では導入していません…

それどころか建設業あるあるですが、基本土曜は出勤です。

理由は土曜も現場は動くからです。日・祝はほとんどの現場が休みになりましたが、土曜は基本動いています。

土曜まで休みになると、日本経済にも影響があるからだと思います。

だから、インフラを支える建設業は土曜も仕事ってのが当たり前なんです。

そんな業界でプレミアムフライデーって言われても…ねぇ…ってなります。

個人的な意見としては建設現場の土日祝完全休業はアリだと思ってます。特殊な工事を除いては。

ただそれには国と超大手ゼネコン、超大手ハウスメーカーの協力というか、意識改革というかが絶対必要だと思います。

国家予算の使用時期とか、企業の決算月とか、4月スタートが当たり前とかとか。検討事項は盛り沢山。各企業は平準化の励行なんていってますけど、企業レベルでは無理があるかな。

完全週休2日制を実現して労働者に優しい社会を本当に実現すべきなら、未だに土曜を休めない企業に寄り添うべきじゃないかなって思います。

そんな忖度も無いままに、プレミアムフライデーと言われても…ヨーロッパの豊かな働き方を真似してもね…

そりよりももっともっとやることあるでしょ?って思っちゃいます。

以上

ファイル 2017-03-18 16 45 22 (2)

The following two tabs change content below.
渡邊智仁

渡邊智仁

代表取締役社長瓦寅工業㈱ 修繕の寅さん
私は昭和56年生まれの酉年で大阪生野の創業100年老舗瓦屋に生まれ育ちました。ずっと大阪にいる生粋の大阪人です。
関西大学卒業後は、瓦ではなくSIに興味を持ち㈱大塚商会のシステム販売営業マンとして7年間頑張りました。が、そろそろ親孝行をしようと思い始め、30歳を契機に瓦業界に飛び込みました。血筋のせいかすぐに瓦業界にも馴染み、営業と現場管理を経験し、今は経営に携わっています。
100年間、まじめにコツコツと建築に携わってきた【経験・知識・実績】】で皆様方の大事な家を守っていきたいと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket