夢の世界が革新的技術により現実になっていることを認識しないと…

衝撃のニュースを目の当たりにしました。

ご存知の方も多いかと思いますが、建設業関係者を恐怖におとし入れそうな革新的技術。

3Dプリンターで作られた家

サンフランシスコにあるアピスコーという会社。

大型の3Dプリンターで家を建てちゃったのです。どうやら建築コスト113万円、工期24時間で家が建つとかどうとか。

実際その費用で提供されるかどうかは別として、一番高い人件費がほとんどかからないのであれば、とんでもないローコスト住宅が建つことには変わりないわけです。

壁、屋根、サッシなどの仕上げは流石に人間仕事らしいですが、そんなこともロボット化される日は近いのではないでしょうか?

夢の世界がすぐそこまで来ている

以前にもブログでそんなことを書いたのですが、同業や職人からはそんなこと無理だよとか、屋根は勾配があるから機械では施工できないよとか、言う人がいました。

その時のブログ→『今までのビジネスモデルは崩壊寸前であることを認識しないとやばい』

本当にそうかな?

この動画を見てもそう思います?

確かに機械では屋根工事全てをするのは難しいかもしれない。でも、人工知能を搭載したロボットならどうだろう?職人と同じ仕事をやってのけるんじゃないかな?

そうなったらどうすべきか

今までの常識が通用しない世界に突入しようとしています。ドラエモンの世界が実現されようとしています。

過去に固執しているとあっという間に要らない人になってしまいます。気付いた時には淘汰されている。

常にアンテナを伸ばして、新たな技術、サービス、ビジネス、生活に適応できないと厳しいなと思いました。会社の行く末は私が考えます。

それよりも!

個々人がどうあるべきか考えてほしいなって思います。

衰退を、淘汰を待つのか?新たな道に踏み出すのか?

よく考えてほしいなって思います。

以上

 

 

The following two tabs change content below.
渡邊智仁

渡邊智仁

代表取締役社長瓦寅工業㈱ 修繕の寅さん
私は昭和56年生まれの酉年で大阪生野の創業100年老舗瓦屋に生まれ育ちました。ずっと大阪にいる生粋の大阪人です。
関西大学卒業後は、瓦ではなくSIに興味を持ち㈱大塚商会のシステム販売営業マンとして7年間頑張りました。が、そろそろ親孝行をしようと思い始め、30歳を契機に瓦業界に飛び込みました。血筋のせいかすぐに瓦業界にも馴染み、営業と現場管理を経験し、今は経営に携わっています。
100年間、まじめにコツコツと建築に携わってきた【経験・知識・実績】】で皆様方の大事な家を守っていきたいと思います。

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket