営業さんはSNSやった方がいいと思うんだけどなぁ

こんにちは寅さんです。今日は昼から色々と楽しみなことが起こります。まずあの人とあの人と昼飯食いに行ってぇ~そのままソフトクリームなお店に行ってぇ~会社の全体会議で好き放題言ってぇ~そのあとセミナーで想いを伝えてぇ~瓦屋さんと瓦焼き食ってぇ~マジック見る!
あ~楽しみ!!!

8/20(土)かわらや大阪店で飲み会開催しまーす!

2次会が決定しました!ボンバーハタ氏のマジックを見に行きますよぉ!

こんな楽しみもSNSを楽しんでいるからこそ

今日の昼からの予定って全部SNSを楽しんでいるから起こっていることなんです。今日会う人はみんなSNS上で繋がっているし、会議で話すことはSNS上でこんなことが起こっているんだよってSNS拒絶感強い社員に伝える。

SNSを友達同士のコミュニケーションツール程度に考えてた時(2年前ぐらい)は、ほんと狭い世界にいたなって思います。実際に会うことができる人としか飯行かないし、なかなか連絡も取らない。たいして発信もしないから連絡も来ない。そんな状態でした。これってSNSが無い時代だったら当たり前のことだけど、今考えると異常だなって思うぐらい。

当然今でも連れなんかとは今まで通りの超仲良しでいるけど、SNSで繋がっているのは数名かな。だから、SNSで交流をしている人の近況の方が連れの近況より知っています(笑)深いのはそりゃ連れの方ですよ。

SNSで交流している人ってほとんどが異業種だったりします。瓦関係は2割に満たないかな。
異業種の方と交流を深めると様々な知識が吸収できて大袈裟かもしれないけど自分がレベルアップしていく気がします。経営者としてのヒントをもらえることもあるし、新しい考えが生まれることもある。おいしいお店を知れるし、たのしい体験もできる。

瓦関係者との交流も楽しい。やっぱり本業が大事なので、遠く離れた瓦屋さんの取り組みがしれたりすることはとても刺激になります。SNSで知った情報から一歩前にすすめたこともあります。

SNSを楽しむことは人生を豊かにすると思うので、みんなやったらいいのに。

営業さんとか特に…

色んな知識が入ってくるし、話題に困らないし、お客様のことを知れるし。

やったらいいのに…

って思います。終わり

ファイル 2016-08-20 11 32 33

The following two tabs change content below.
渡邊智仁

渡邊智仁

代表取締役社長瓦寅工業㈱ 修繕の寅さん
私は昭和56年生まれの酉年で大阪生野の創業100年老舗瓦屋に生まれ育ちました。ずっと大阪にいる生粋の大阪人です。
関西大学卒業後は、瓦ではなくSIに興味を持ち㈱大塚商会のシステム販売営業マンとして7年間頑張りました。が、そろそろ親孝行をしようと思い始め、30歳を契機に瓦業界に飛び込みました。血筋のせいかすぐに瓦業界にも馴染み、営業と現場管理を経験し、今は経営に携わっています。
100年間、まじめにコツコツと建築に携わってきた【経験・知識・実績】で皆様方の大事な家を守っていきたいと思います。
≪保有資格≫1級かわらぶき技能士・瓦屋根工事技士・瓦屋根診断技士・遮熱施工管理士・一般建築物石綿含有建材調査者

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket